T.C.G.C.

He taught me to sing a new song
a song of praise to our God
Many who see this will take warning
and will put their trust in the Lord
             Psalm 40:3
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 6月のスケジュール | main | need you Lord・・・ >>
# 6月4日練習報告
じゅんです。 先日、坂本龍一と山下洋輔が出演のNHKのテレビ番組を見ました。 ジャズの歴史解説とワークショップを取り入れた、見応えのある番組でしたが、 特に興味深く思えたのが、ゴスペルやジャズの根底に流れる
「コール・アンド・レスポンス call and response」ことでした。
前回のワークショップで塩谷先生がお話されてましたね。

「今朝目が覚めたら、うちの女房がいないんだ〜」 「は〜それは大変だ〜」 「俺は慌ててあちこち探したよ〜」 「は〜それからどした〜」 「机の上に書き置きがあった〜 若い男と駆け落ちしやがったんだよ〜」 「神様どうか、こいつを救ってやってくれ〜」 こんな会話であったかどうか…
とにかく黒人同士のやり取り、つまり「コール・アンド・レスポンス」に、
シンプルなメロディがついたワークソングが
自然発生的に生まれ黒人音楽の基礎になりました。
それが聖書の言葉に置き換えられてゴスペルになり、
ジャズに発展して、アドリブ(即興演奏)での掛け合いにつながっているのですね。 関西人としては、漫才の「ボケとツッコミ」つながるものを発見したような気分でした。 さて、今回の練習はRejoiceとPass me notでした。 歌いこなせれば、さぞかしカッコいいだろうな思えるRejoice。 レトロな感じのPass me not。 どちらも心に残るゴスペルです。 次回の練習を最後に、6月25日からはバンドとの音合わせになります。 正直あせりますね。
| comments(2) | - | 09:45 | category: 練習レポート |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:45 | category: - |
コメント
ブログup ありがとうございます。
先週は、仕事の都合で参加できませんでした・・・

いつも思いますよね!?
『歌いこなせたら、そらっ、かっこえ〜やろっ!!』って^^;

| rika | 2010/06/07 11:07 AM |

次回の練習で、お合いしましょう。
| じゅん | 2010/06/07 10:09 PM |

コメントする









TCGC
毎週金曜日、20:00〜高砂教会横の宣教センターにて楽しく練習しています!
Selected Entry
Profile
Recommend
主の祈り
主の祈り (JUGEMレビュー »)
塩谷達也,塩谷美和
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links